リノベ不動産について

叫ばれる既存住宅の流通活性化…

日本の住宅市場はここ数年大きな変化を繰り返してきました。
消費税増税やリーマンショック、建築基準法の改正、様々な外的要因によって、駆け込み需要とその反動による市場減。
日本の人口•世帯数の緩やかな印象は、住宅需要を明らかに減少させ、新築主体であった日本の住宅産業は既存住宅の活性化が至上命題になっている。
2012年に国交省が発表した「中古住宅•リフォームトータルプラン」に見るように、国全体が既存住宅の活性化に乗り出している。
気候や地盤の違いはあれど、やがて日本も欧米諸国のように、「中古を買って当たり前」の認識が浸透するかもしれない。

新築・中古流通推移
新築・中古流通推移
既存住宅流通シェアの国際比較
既存住宅流通シェアの国際比較

活性化に向けて加速する、各種支援施策と周辺産業のサポート機能

銀行ローン インスペクション 助成金 瑕疵保険

既存住宅流通の活性化に向けて、周辺産業からも多くの支援策、サービスが生まれている。
中古住宅購入費とリフォーム費用を一体的に融資するローン商品や、インスペクションと既存住宅、リフォームの瑕疵保険の充実、各種助成金等、その支援策は様々である。
まだまだ新築取得と比較するとその充実度は低いと言えるが、今後も多くの支援策が出てくることが期待できます。

業界を支える、不動産業のプレイヤー

仲介手数料以外のサービスの提供

リノベ・家具・インテリア・アフターサポート

不動産業界のプレイヤーも近年は様々な変化を遂げている。
仲介手数料をメインの収益源としながらも、その住生活をキーワードに購入後のリノベーション、家具・インテリア、アフターサポートまでも手掛ける事業者も増えてきた。
また集客装置や、ショールームとしてカフェを経営する事業者も出てきている。
新築と比較して手数料単価が少なくなる中古住宅の仲介プレイヤー、物件単価が低い地方のプレイヤーは、手数料外収益となるサービスに積極的である。
多くのプレイヤーが存在する中、単に家を売るのではなく、住生活をサポートするパートナーとして消費者から選ばれる存在になる必要性が高まっている。

EVENT,SEMINAR MORE
SHOWROOM SEMINAR MORE
RENOVATION NEWS MORE
JOIN US 045-565-9755 お問い合わせはこちら